日本において、体に良いと言われている食べ物があります。

外国で食べた『身体に良い食べ物』
検索フォーム
人気の記事
外国で食べた『身体に良い食べ物』

体に良いと言われている食べ物・・・

日本において、体に良いと言われている食べ物があります。その一つに納豆があるかもしれません。
臭いがきつく、日本人でも食べられない人もいるくらいです。
外国人になると更に食べられないかもしれません。
でも、口の中に入れると、大豆の旨味が広がります。納豆にはナットウキナーゼと呼ばれる物質があるそうで、血液をサラサラにしてくれるそうです。
日本に来た外国人が体のために良いことをするなら、納豆を頑張って食べるようにすれば良いでしょう。
イタリアに旅行に行った時に、ある健康によい食べ物に出会いました。
それはオリーブオイルです。
日本にもありますが、現地に行くとエキストラヴァージンオイルの中でも、更に位の高いものを食べることができます。日本ではソテー時に少し使う、ドレッシングに少し使う程度かもしれませんが、こちらでは、まさにオリーブオイルを食べるように使います。
純度の高いオリーブオイルは健康に良いと言われています。こちらの国の健康食と言えるでしょう。

日本と違って大味で・・・[女性 43歳]

日本と違って大味で、脂っこくひたすらボリューミーなイメージの外国の料理。確かに、お皿の上にビックリするような量の料理が置かれ、見ただけでげんなりすることもあります。けれど、先進国ならば肥満に気をつけている人もいますし、ヴェジタリアンは日本より多いのではないでしょうか。
先日出かけた東南アジアのある国は、食べるものは大抵美味しかったのですが、暑い国にありがちな油を使った料理が多く、胃が少し疲れてきました。
そんな時に入ったのが、欧米のお客さんが多いレストランです。
実は以前、そのお店の前を通った時に行列が出来ていたので、気になっていたのです。

メニューからいくつか選び、最初にスープが運ばれてきた時の香りの良さといったら。一口飲むと、非常に美味しいです。
元々、そのスープは好きだったのですが、今まで飲んでいたスープはなんだったの?というくらい違いました。
インスタントのコンソメと高級料理店のコンソメくらいの差があります。その後もサラダ、メインもボリュームはあったのですが、食べても胃が軽く、しかも体の中からキレイになっていくのが分かりました。

あとから調べてみると、そのお店は化学調味料を一切使用していないそうです。
野菜も自家製のオーガニックで、油もエクストラバージンオリーブオイルを使用しているそうです。
なるほど、欧米の人はヘルシーなお店を知っているのだと思うと同時に、身体に良い食べ物は、そうと知らなくても食べたら分かることに驚きました。

Copyright (C)2016外国で食べた『身体に良い食べ物』.All rights reserved.